スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
笑って欲しい。
 2006.07.25 Tue
 アルなき後(何か違う)のバレー熱を支えてくれるはずだったブラジルのマリがさっぱり表舞台に出てこないのでここ数年自分の中でバレー熱は下降する一方だったのですが、今度の大会はマリは来てくれるんですかね?そして、来てくれたところで出番はあるんですかね(…)?
 肩の具合はどうなんだー。あのバックアタックが健在なのかも気になります。マリ、見たいよマリ。いまだにパワパフが足にいるのかも気になります。爆。っていうか、既に今度の大会で見たい人がマリしかいないって、めちゃくちゃバレー熱下がってるな。笑。

 しかし、今思うとアテネは色んな意味で辛い大会だった…。
スポンサーサイト
  c:0  t:0   [*バレーボール*]
今でも、夢に見る。夢でしか、見られない。
 2006.07.25 Tue
 ちょっと前に、

しかし、ミハエル・シューマッハーというアスリートは今まで「特別」になった中でも桁外れだと思う


 とか書いてますが、いや、これ自体は全く偽り無い本音ではあるんですが、それでもNo.1はアルタモノワだということを自分に念を押しておきたいと思います。誰も知らなくても兄貴とは入ってくる情報の量が違っても不動のマイベストアスリートなんだ!と今日チャリ漕ぎながら突然思いまして。苦笑。
 うーん、やっぱり同率1位かなー(弱気)。あれですね、ヤグディンとプルシェンコのどちらが世界一かなんて決めようとするだけ無駄、ってとこでしょうか。どっちも色んな意味で特別過ぎる。

 ところで、なんでこんなことをいきなり言い出したかと言うと、そうやって考えてた時に、シュー兄は世界中で色んな人が色んな風に覚えていて、きっとこの先何十年経っても名前は語り継がれていくんだろうけど、アルタモノワに関してはそういうわけにはいかないんだよなーと気付いて寂しくなったからです。悲。
 バレーというのはマイナーなスポーツですよね。するのが好き、と言う人はF1より多いと思うのですが(当たり前だ・爆)、観戦競技としてはどうも今一つも二つもマイナーなわけで、日本でも結局オリンピックと日本代表しか盛り上がりませんし、ましてや海外バレーなんて日本で普通に生活してたら見ようがない。
 そう考えると、何年かだけでもVリーグに来てくれる外国人選手というのは貴重です。結果的にアルからアテネを奪ったのがVリーグだったとしても。苦笑。

 アトランタでアルの存在を知って、シドニー、アテネと2度も金の輝きの前に涙を呑む姿を見てきた。どちらの決勝戦も、胃が痛くなるほどに祈った。銅でも銀でもない、金色のメダルを手にして号泣するあなたを、私はもう一度見てみたかった。東洋紡時代に見せたあの優勝の涙をオリンピックの舞台で見せて欲しかった。
 どちらも、アルの不調自体が銀に甘んじた一因だったから、恐ろしいほどに静かな顔をしていた。2回とも号泣したガモワを見ながら、泣けるほどに力を出し切ったなら彼女は幸せだと思った。

 歴史に名前は残らなかったかもしれないけど、誰もがその名も、プレーも忘れてまうかもしれないけど、それでもあなたは最高でした。

 忘れたくない。日本中で、私一人くらいはずっとずっと彼女のプレーを覚えていたい。そう思えた、最初で最後のアスリートです(いや、シュー兄は私がとりたてて覚えて無くても皆さん覚えてるだろうし、第一あの人辞める気配無いし・爆)。

 昔話をしてみたい。なんだか、とってもそんな気がする。
  c:0  t:0   [*バレーボール*]
特別な人の不在。
 2006.04.27 Thu
 F1サン・マリノGPの後にやっていて日韓バレーを見ていて思ったんだけど、スポーツ観戦をする上で、やっぱり「特別な人」ってのは大事だ。こんなに片手間に見れるものだったか、バレーボールって?と思って、バレーが変わったんじゃなくて私が変わったんだな、と。

 2年前、アテネの時までは、何かしながらバレーを見たことなんてなかった。もちろんバレー自体が競技として好きだったというのもあるんだけど、特別な人がいたからってのが大きかったんだと思う。アルタモノワが表舞台に出なくなってから、面白いくらいバレー熱自体が冷めていった。
 今でももちろん大きな大会は見るし、VリーグもTVでやってたら見る、くらいはするから好きは好きなんだろうけどさ。見るだけでストレスがたまったり、ストレス解消になる、なんてことはもう無くなった。自分の中で国際大会があれば見るていどのサッカーとか野球とほとんど変わらない位置にある気がする。

 フィギュアスケートも、スルツカヤが引退したらそんな感じになるのかもしれない。ヤグディンが辞めた時にはスルがいて、あ、でもスルが辞めてもプルシェンコがいたら真面目に見るかもしれないな(笑。

 私が応援するロシア人選手(女)というのは、どちらも結局オリンピックの金だけが取れなくて、このまま二人が終わってしまったら二度とこの二つのスポーツで心臓を掴まれるような気持ちは味わえないんだな、と思ったら本当に悲しくなった。息ができないような緊張とか、わけわかんなくなっちゃう喜びだとか、苦しかったけど本当に応援している人にしか味わえない感情をもっと味わわせて欲しかったな、と。

 F1も、いつかこうなるんだろうか、なんてこともぼんやりと考える。ミハエルが辞めたら、その時から全然違う見方になるんだろうなーと。これでフィジコも辞めたら、また片手間観戦で逆戻りだろうなーとか。っていうか、兄が辞めるよりフィジコの方が辞めるの早かったりしたらどうすればいいんだ、とか(爆。キミ、モントーヤ・・・この二人がいたら見るかもしれない。うーん、その時になってみないとわからんね(笑!アロンソ坊やの行く末を見届けたい、という気もしますし(本人あんま長いことやんないとか言ってるけど)。

 ま、今だから一番おもしろいのはF1ですよ。水泳もイアンが戻ってくるとおもしろくなるだろうけど。しかし、ミハエル・シューマッハーというアスリートは今まで「特別」になった中でも桁外れだと思うのは、やっぱりちょうど受験の年に重なったからで、この1年、そして今年も私はこの人に何度も助けられていくんだろうな、と思いました。スルとアルの言葉にもいっぱい助けられてきたけどね、入ってくる情報の量が違います。さすが腐っても世界三大スポーツ(爆。

 というか、今までに特別だと思った人がわりと諦めのいい人が多かった中、初めての諦めの死ぬほど悪い人だったんでね(笑。


 ところでマリは、どうなってるんだろう。これから見て行きたい人がいる、という喜びをくれた若手がふっといなくなってしまうと寂しいです。後5年は少なくとも楽しめると思ってたのにさ。日本では見る機会がないけど、待ってます。
  c:2  t:0   [*バレーボール*]
世界バレー。
 2005.11.30 Wed
 でしたっけ?とのっけからおぼろげな記憶ですみません。

 昨日の夜に抽選会があったとかで特番が組まれてましたね。たまたまつけたらえらいカッコイイ人が引いてたので「これは絶対イタリアチームの誰かだね」と笑いながら話してたらその通りでおまけにロケまでやってていやーびっくりしたね(笑)。

 その前にグラチャンを振り返ろうとゆー感じの試みがあって、そこで川合さんが答えてちょーだいノリの発言をすると中田さんがばっさり切り捨ててたのがおもしろかったです。(真鍋かおりはすでに発言自体を無視・爆)

 「男子もね、いっぱい練習するようにしたんですよ」のようなことを川合さんが言ったとたん「男子ってそんなに今まで練習してなかったの?」と返した時にはほんとにもうどうしようかと(どうもせんでよろしい)!

 日本は必ず勝てるとこに割り振ってもらえてる(爆)まぁ実質勝てないのはポーランドくらいじゃ?という感じでとりあえず決勝までいけそうでよかった。何より日本が決勝グラウンドに行かなかったら他のグループで見たいチームが見れないしさ・・・。

 中国とロシアが同じ組だということでグループBが見たいー。っていうか、ロシアチーム結局若返りをはかるのかしらん(何)。
  c:0  t:0   [*バレーボール*]
何を見てるんだ。
 2005.11.27 Sun
 ふふふ、今日もとーふの日です(喋り方が既におかしい)。そしてバレーを見てます。というかこれはバレーを見てることになるのか?という妹との会話は

 「イタリア人いい体してるね~vv」
 「筋肉の付き方が綺麗じゃん!」
 「越川の二の腕の筋肉の付き方は女っぽい(爆)。」
 「肩甲骨がぁぁぁ芸術っ。」

 これは何ですか、バレー見てるんですか、男を見てるんですか・・・(バレー見てますそのつもりです)。いや、何がいけないってイタリア人の体がそれこそ芸術品のようなルネサンスだのミケランジェロだのいう単語が似合う綺麗さだったのがいけないんだと思います(何だよ)。

 むきむきなイメージがあったので筋肉質の人は苦手だったんですが、姉妹してちょっとため息ついて見てしまいました(嫌だそんな姉妹)。筋肉も適度に綺麗につけば芸術だわ・・・。

 そして女子より勝ってんじゃんね、びっくりだ!
  c:0  t:0   [*バレーボール*]
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。