スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
江國エッセイ。
 2005.01.14 Fri
 好き。一番最初に読んだ”都の子”は持ってない【何故】”泣かない子ども”は結構初期の頃に書かれたエッセイがまとめられてるわけです。まだ独身の時の。で、それなら”泣く大人”ってどんなんだ?と思ってこっちも読みその流れで”いくつもの週末”までを読みこの3つを勝手に江國エッセイ三部作だと思ってます【笑】
 泣くと泣かないのタイトルのつけ方がすごく好きでエッセイは読まない主義なのに思わず手が伸びたのさ。”都の子”が好きだったのもこの人のエッセイを読み始めた理由だけど。この本の中の”カルピスとワンピース”ってのを国語の問題集で読んで後日探したんでした。

 エッセイまで読むのはこの人だけかなぁ。この人のエッセイって、小説とね、温度差がないんですよねー。あのゆったり感がもうちょっと現実的な色をおびて書かれてる。なにより、小説よりもさらに懐かしいという気がするわけですよ。この人の書く日常や思い出は、どれも懐かしい。小説でも大筋のストーリーよりディテールの方が楽しみだったりするし。

 で、もともとストーリーのしっかりした話が好きだったのにどうしてこの人の小説をたくさん読んでしまうのかがエッセイを読んで謎が解けたってのもありますね。感覚がどうしようもなく似てる。”絵本を抱えて部屋のすみへ”で紹介されてた絵本も小さい頃読んだ本ばっかだし。空港が好きな理由を読んだ時には思わず”そうそう”と頷いてしまったし。
 よく考えたら、自分の感じてたことや感じることを自分よりもっとうまく文章にできる人の文を好きにならないわけがないわね【笑】
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  c:0  t:0   [*無駄話*]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。