スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
私マジで心根が腐っています。
 2006.05.30 Tue
 公開当事に見た人がことごとくお勧めしてくれたのにも関わらず見に行くタイミングを逃していた『下妻物語』がTVでやってたので見ました。
 これはとっといて良かったかもー。映画館でみたい映画ではなかったな、というのが感想だったので。

 私は映画館で見たい映画と見たくない映画がわりとはっきり分かれている方で映画館で見たい映画は一人でも行くし、見たくない映画はおごりでも行かないんですよね。ただ、それは映画館で見たい映画=好き、見たくない=嫌いではなくて、なんていうの?その映画のタイプによるというかね。
 トムクルの宇宙戦争なんてくっだらなかったんですけど(笑)あれは映画館で見て正解だったと思ってる。逆に家では絶対に見たくない。逆にギルバート・グレイプは家で見たい映画。映画館なんかで見たら居心地が悪くてそわそわする気がします(何)。

 で、下妻は典型的な家で一人でって映画でした。

 桃子の考え方に何の抵抗もない自分こそ「私マジで心根が腐ってます」だな、と思わされた映画でもあったんですが(苦笑)。
 桃子は不思議ちゃんなわけじゃないんですよね。御伽噺の国に住んでいるような格好をして、中身は誰よりも現実的。そのギャップだけでも魅力的なところに要所要所の台詞で吐く彼女なりの哲学は恐ろしいほどに潔い。自己中の極みを突き抜けていっそ爽快感すらあるドライな感覚。ここまで徹底してはいないけれど、たぶん私の人生観を突き詰めたらここに行き着くんだろうな、と思った。そういう意味でも面白かったです。もちろん具体的には全然違うけどね。ロココには何の憧れもないし(笑)。

 ま、自分の話をしててもしょうがないので映画の話に戻ると、桃子の立ち方が全編通してとても好きでした。
 

 借り借りってバカみたい
 自分が大事なものは絶対貸しちゃいけないの
 貸してもいいのはどうでもいいものだけ
 だから私は借りたものは返さない主義
 その代わり貸す時は戻ってこなくてもいいって思うの


 とか一見はちゃめちゃだけれど変に筋の通った生き方してますよね(笑)。たぶん、基本的に「自分のことしか考えてない」と言う人の方が「誰かのために」と言う人よりずっと好きだし信頼できる気がする人間だからだと思うんだけど、桃子の生き方はその集大成のようで見ていて面白かったです、うん。

 一つ意外だったのはアンナちゃんがいい!と言う前評判を聞いていたのに印象に残ったのは深キョンの方だったということ。桃子がかわいいかっこうして肝っ玉据わりすぎてたので、イチゴのキャラが中途半端な感じがしたというか・・・いっそのことイチゴを強面のへたれキャラに徹底させてしまった方が対比としてはよかったんじゃ?喜怒哀楽の激しいイチゴよりもひたすら淡々としている桃子の方が強烈でしたねー、個人的には。いや、よかったんですけどね、アンナちゃん。ただ「喰ってた!」という期待を胸に見たので意外とあれ?みたいな。アンナちゃんがどうこうというよりはイチゴのキャラ自体が少し弱かったんだと思います。
 「見かけは正反対でも実は似てるよね?」ならば、もっとイチゴの肝据わったところを描写してくれないと弱い。

 とはいえ、見てよかったと思える映画でした。
 一番好きだったシーンはイチゴが失恋して泣くところ。一連の二人の掛け合いがすごく素敵でした。言葉が宝石みたいってこういうことなんだろうなーと思わされる台詞のオンパレード。原作も読んでみたくなりました。


 野生動物の死んでいく姿を見ても云々のくだりは「感受性の弱い私」を裏付けるのになぜそのエピソード・・・とつっこみたくなったのは私だけですかね。

 
 最後に、ストーリーとは何の関係もないんですが、桃子の「会いたい」の言い方に思わずずきゅーんと来てしまった(笑)。何、この子カワイイ!みたいな。あの言い方は女だからこそやられてしまう言い方なんじゃないかなーと思った。あの言い方は反則(何のルールだ)。
スポンサーサイト
  c:0  t:0   [*映画*]
笑えばいい、ってそんな約束。
 2006.05.19 Fri
 The Voice Within

 そんなこんなで色々ブログ作りすぎて収拾が付かないというよりは、むしろ「捨てられない」症候群のため過去に作ったブログをさっくり消去できないから増えていく一方なんだという気がする今日この頃。

 どうでもいい話をしますが、ブログ名とか毎回付けるのって悩みません?結果的に好きな曲のタイトルから借りてしまうことが多いんですが、今回は珍しくブリトニーじゃなくてアギレラから。

 The Voice Withinは歌詞もメロディーもどちらも大好きな曲。アギのバラードはちょっと抑え気味の方が綺麗だと思う(単に私が熱唱系のバラードを聴くと体力を消耗するせいかもしれませんが)。Strippedに入っているので聞いたことのない人はお試しあれ。


 しかしブリトニーは第二児妊娠とかでもう帰ってこない気がしてきました。Someday良かったのにー!
  c:2  t:0   [*雑事*]
マジですか。
 2006.05.16 Tue
 4月にウラロチカにアルが緊急招集されてたって今更知りましたよ。結局出なかったみたいですけど。しかもウラロチカ負けてるし(驚愕)。

 なんでもいいんですけど、自分が過去に書いた記事を読み返してバレー熱を復活させるのはどうかと思います。ついでに読み直したきっかけが「ヤグディンを見て懐かしくなって」ってのは更に意味解らないというか・・・誰も知らなくたってアルタモノワが好きなんだよ、文句あっか!と世界に喧嘩を売りたい気分ですが誰も買ってくれないのでやめておこうと思います。


 ところで「劣化した仮面の男」のヤグディンですが、相変わらずだなーと思いました。彼は日本で自分が人気があることをよくわかっていて、おまけに自分が超の付くトップスケーターだったってこともしっかり自覚していて、だから毎回おふざけ満載ですよね。自由に振舞って会場を盛り上げようとする。えぇその暑苦しさが時々ファンの目から見てもウザイですが(笑)。でも大好き。

 こんな風にプルがいないとは言え元々点数的にはドンケツになることがわかっている現役トップスケーター達の中に混ざって新採点方式でやるとこに出てくるなんてギャラとか色々あったんでしょうが(笑)なかなかできないと思う。すげぇよ、ヤグディン。

 力が落ちていようが、怪我でぐだぐだになった末の引退だろうが、やっぱりこの人は特別なわけで、その中でも「仮面の男を演るヤグディン」ってのはそれだけで価値がある。そのことをフィギュアファンは好き嫌いは別にして、わかっているからこそのあの拍手なのだなと思ったりしました。


 ジェフの演技よかったですけどね!ランビもよかったですし。どっちもすっ転んでも「いい演技」でした。しかしなぜサンデュだけはみっこ?

 ちなみにジェフはGALAの方が断然よかったようで新プロで見せ場のイナバウアー・・・。

 見たかった(涙)!!!!

 あの、こんなこと言ったら石投げられるかもしれないんですけどそれを覚悟で言うと私は荒川姐さんのイナバウアーは苦手です。新体操系のぐにゃーんってのあんまり美しいと思わないもんで。で、どういうのが好きかって言うとジェフみたいなの。これはジェフが好きだからではなく、あのイナバウアーが美しすぎたからジェフを好きになったくらい惚れてるのでかなり見たかったです。
 ついでにイーグルも好き。スピンも好き。後ろで手を組んでただ滑ってるのも好き。むしろ普通に滑ってるだけで十二分に美しい。・・・しかしいつのまに世界ランク1位になったんですか?
  c:0  t:0   [*フィギュアスケート*]
うわーうわーうわー!
 2006.05.14 Sun

や・や・・・ヤグディンが!

民放でヤグディンが!!!
ぜえぜえ(落ち着け)。
力は落ちてるけどしょうがないよなー。
つーか見た目にはっきりと後半疲れてるよ(笑)。
あぁ・・・プルシェンコが呼びたひ・・・・・・・・・。
今ならプルが勝つ。それは間違いない。
でも怖いもの見たさでもう一度二人が同じリンクで滑るのが見てみたい。
つーか引退して年月がたつとはいえヤグを余興扱いって贅沢な・・・。
  c:0  t:0   [*フィギュアスケート*]
いろはにほへとちりぬるを。
 2006.05.13 Sat
 千早振る 神代も聞かず 龍田川 唐紅に 水くくるとは

 フルカラーの百人一首集をテキストに使っていたため、歌の意味よりもいかんせん一首一首に添えられた写真のことばかり記憶に残っているのですが(苦笑)その中でも一番好きだった写真はこの歌に添えられていたもの。いやー、綺麗でした。フルカラー万歳!って感じ(何)。

 もう6年前か、懐かしい。百人一首の授業中の思い出と言えば、その当時好きだった人が席が隣で、テキストを忘れてきたから一緒に見てて喋り過ぎて相手が退場させられたことですかね(爆)

 ははは・・・中一だもんなー。12歳とかですよ。微笑ましいね。18や19なんてたいして大人でもないのに、大人ぶってカッコとかつけちゃって馬鹿みたい(と自分にも言ってみる)。責任も将来も何も無いあのころの恋愛が一番楽しかった。今しか見えない。これまでもこれからも考えなくていい。

 みんなどうやって結婚とかするんだろうねぇ(何を考え込んでるんだ)。
  c:0  t:0   [*無駄話*]
エンジン温存したんだ。
 2006.05.12 Fri
 なんてもっともらしい理由をつけながら心底不機嫌そうな顔をしていたアロンソは好きだ(笑)。それよりもなんだか「もういいよ」と言いたくなったのは「ミハエルを倒さないと!」といまだにアロンソが言ってることだったり。

 私は(跳ね馬が自滅したとはいえ)最年少チャンピオンになった以上アロンソは「それでも去年チャンプになったのは俺なんだ」って言うスタンスでいてもいいと思ってるんですよね。「もう倒した」って言ってもいいと思うんですよ。若いんだし、それくらい調子に乗ってもいいと思う。実際調子に乗るだけのことは成し遂げたんだしね。自滅とはいえ、フェラーリとシュー兄は去年間違いなくルノーとアロンソに負けた。それが事実なんだからさ。

 アロンソが最近言ってたことでもう一つ読んでいて「もういいよ」といいたくなった発言があって、マクからのオファーを受けたときの気持ちを聞かれての答え。

誇りに思った。ライコネンを走らせるチームが僕を求めてくるには、それなりの理由があったはずだよ、2005年末、みんなが『速いのはライコネンだ』って言っている時に、彼のチームは僕に声をかけてきたんだから。すごく誇りに感じた。


 なんだかちょっと泣きたい気持ちになりました。

 アロンソは去年後半マクが壊れなくなると(爆)途端に太刀打ちできなくなってキミが優勝した時にはほとんどと言っていいほどプレッシャーをかけるほど近くには行けなかった。数々の不幸が降りかかる中ぶっちぎりの速さでわけのわからない優勝をあげ、キミはシーズンが終わってみれば「ほとんど壊れなかった」マシンに乗ったアロンソと同じだけ勝利をあげて見せたわけで、”チャンプはアロンソ、でも本当に速いのはキミ”ってのをアロンソは嫌になるほど聞いたんだろうなー、と。そんな時にそのキミを擁したチームが自分を求めてきた、というのは物凄く自信をくれた出来事だったんだろう。早々と移籍を決めてしまった理由の一つには「自分を認めてくれている」ということへの喜びがあったのかもしれないですね。

 ロスから「来て欲しい」と言われた時には、きっとチャンプになった時と同じくらい嬉しかったんだろうなー、アロンソ(笑)。


 しかしこの記事打ちながら、私そんなアロンソ嫌いじゃないのかもしれないなんて思ってしまいましよ(悩)。
  c:0  t:0   [*F1*]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。