スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
人の本質というのはそんなに簡単には変わらない。
 2006.07.25 Tue
 さっぱり更新しなかったり突然異様なスピードで更新したりと統一性のないブログですが、やらなければならないことがあると無駄なこと書きたくなりますね。今ならバレーでもF1でもフィギュアスケートでも映画でも音楽でも、現実逃避のために朝まで語り続けられる気がします(おーい)。

 明日は初めて語学以外のテストなので内心どきどきです。
 今日初めて教科書を読むので心いっぱいに不安要素を抱えています。そしてテキストがうちの大学の教授&助教授陣が書いたものだとテスト12時間前を切って初めて知りました(しかも6人中2人の講義を取ってました)。
 まぁそんな気がしないでもなかったが、まさか全員ココの人だとは思わなかったんだよ…。もうちょっと色々な大学の教授が書いてるのかと思ってました(ちなみに購入したのは3日前です・爆)。

 解りやすかったんですよ!と強調しておく。テキストが無くてもおもしろいくらい解り易い講義だったの(ほんとです)。人気だったわけがよく解る講義でした。

 そして、明後日の午後が〆のレポートがあります。4000字。わーい、たったの原稿用紙10枚ぽっち♪

 どうしてぎりぎりまで手を着けないんだろうね。まだまだ中盤戦なのですが、どうせこの後もぎりぎりまで何もしないんでしょう。でしょう」じゃないよ、少しは焦れ>自分。
スポンサーサイト
  c:3  t:0   [*無駄話*]
ジョニ兄。
 2006.07.25 Tue
いいんだけどさ、そんなのは解ってるし。
でも悲しいんだよね、おまけ扱いは我慢するとして完璧スルーってのはどうよ>学校へ行こう!
ジョニ兄は大好きだし日本のメディアでもバンバン出てくるようになったのは嬉しい。
しかしオーリはいないもんにされるのは悲しすぎる。
ジョニ兄は大好き。もうしんどいぜ(爆)!気持ちがぐちゃぐちゃだ。
あージョニ兄いいヤツだよ、子ども好きとは言え優しいよ。笑。
でも笑ってるの見たことある気がするんだけどなー、と思ったら私オーリと一緒の映像ばっか見てるんだわ。笑。
オーリに怖い顔をしてるジョニ兄は見たこと無い気がする。
子どもと一緒にインタビュー受けたりするときも優しい笑顔だしね。
単独インタビューは確かに笑わないわ。でも俳優ってそんな笑わない気がするんだけど。
似たようなキャラのヴィゴも全然笑わない上にあちらはもごもご大魔王なので尚悪い。爆。
オーリは・・・あの子(子扱いかよ)は誰にでもにこー笑ってるから参考にならんが。
  c:0  t:0   [*映画*]
笑って欲しい。
 2006.07.25 Tue
 アルなき後(何か違う)のバレー熱を支えてくれるはずだったブラジルのマリがさっぱり表舞台に出てこないのでここ数年自分の中でバレー熱は下降する一方だったのですが、今度の大会はマリは来てくれるんですかね?そして、来てくれたところで出番はあるんですかね(…)?
 肩の具合はどうなんだー。あのバックアタックが健在なのかも気になります。マリ、見たいよマリ。いまだにパワパフが足にいるのかも気になります。爆。っていうか、既に今度の大会で見たい人がマリしかいないって、めちゃくちゃバレー熱下がってるな。笑。

 しかし、今思うとアテネは色んな意味で辛い大会だった…。
  c:0  t:0   [*バレーボール*]
今でも、夢に見る。夢でしか、見られない。
 2006.07.25 Tue
 ちょっと前に、

しかし、ミハエル・シューマッハーというアスリートは今まで「特別」になった中でも桁外れだと思う


 とか書いてますが、いや、これ自体は全く偽り無い本音ではあるんですが、それでもNo.1はアルタモノワだということを自分に念を押しておきたいと思います。誰も知らなくても兄貴とは入ってくる情報の量が違っても不動のマイベストアスリートなんだ!と今日チャリ漕ぎながら突然思いまして。苦笑。
 うーん、やっぱり同率1位かなー(弱気)。あれですね、ヤグディンとプルシェンコのどちらが世界一かなんて決めようとするだけ無駄、ってとこでしょうか。どっちも色んな意味で特別過ぎる。

 ところで、なんでこんなことをいきなり言い出したかと言うと、そうやって考えてた時に、シュー兄は世界中で色んな人が色んな風に覚えていて、きっとこの先何十年経っても名前は語り継がれていくんだろうけど、アルタモノワに関してはそういうわけにはいかないんだよなーと気付いて寂しくなったからです。悲。
 バレーというのはマイナーなスポーツですよね。するのが好き、と言う人はF1より多いと思うのですが(当たり前だ・爆)、観戦競技としてはどうも今一つも二つもマイナーなわけで、日本でも結局オリンピックと日本代表しか盛り上がりませんし、ましてや海外バレーなんて日本で普通に生活してたら見ようがない。
 そう考えると、何年かだけでもVリーグに来てくれる外国人選手というのは貴重です。結果的にアルからアテネを奪ったのがVリーグだったとしても。苦笑。

 アトランタでアルの存在を知って、シドニー、アテネと2度も金の輝きの前に涙を呑む姿を見てきた。どちらの決勝戦も、胃が痛くなるほどに祈った。銅でも銀でもない、金色のメダルを手にして号泣するあなたを、私はもう一度見てみたかった。東洋紡時代に見せたあの優勝の涙をオリンピックの舞台で見せて欲しかった。
 どちらも、アルの不調自体が銀に甘んじた一因だったから、恐ろしいほどに静かな顔をしていた。2回とも号泣したガモワを見ながら、泣けるほどに力を出し切ったなら彼女は幸せだと思った。

 歴史に名前は残らなかったかもしれないけど、誰もがその名も、プレーも忘れてまうかもしれないけど、それでもあなたは最高でした。

 忘れたくない。日本中で、私一人くらいはずっとずっと彼女のプレーを覚えていたい。そう思えた、最初で最後のアスリートです(いや、シュー兄は私がとりたてて覚えて無くても皆さん覚えてるだろうし、第一あの人辞める気配無いし・爆)。

 昔話をしてみたい。なんだか、とってもそんな気がする。
  c:0  t:0   [*バレーボール*]
スパニッシュ・アパートメント。
 2006.07.25 Tue
 あぁ、フランス映画だ。ダメ男だ。ふらふらしてばっかいるタラシだよ…。
 と開始30秒で気付く。題名だけでてっきりスペインの映画だと思い込んでいた自分にびっくりだ。

 以下微妙にネタバレしてます。

 どこかでオススメされてたのを覚えていてふらふら~と小品見たさに選んだものの、どうも私が覚えていたのは『幸せになるイタリア語講座』とかなんとか言うのだったらしい(つまり今も曖昧・爆)。でも、こういうのには問答無用で弱いLucky*は偉い楽しかったです。笑。
 あれだね、MTVのリアリティー・ショーの芸術的バージョンって感じでした。学生のルームシェアって無駄にロマンを感じる体質なもんで…(その癖、実際自分がしたら1週間で飽きる&我慢できなくなるのが目に見えている)。

 ウィリアムズが何のためにいるのかさっぱり解んなくてもう1週間経ったよ、おまえ帰れ!と背中の一つでも押したい気持ちになりましたが、オチ(あれはオチというのか?)を見て納得。笑。そうか、君にはそんなオイシイ見せ場(だから見せ場と違う)が待っていたのかー、なるほど、と。爆笑。なんかあそこだけアメリカンおバカムービーぽくって笑えました。笑。

 これ、2作目もあるんですよね。見たいなー。でもだいぶ設定は変わっちゃうらしい。それは困る。あのアパートにみんなが住んでるからおもしろいのにさ!(そういえば、フレンズも好きでした)

 でも、主人公はなぁーんちゃ成長しないし、大きな事件も起きないし、アメリは五月蝿いし(違)冷静に見ると苦手なフランス映画そのものなんですよね…。馬鹿っぽくてもどたばたしてるハリウッド映画の方が眠くなるフランス映画よりも基本好きなので。
 何かがある、としか言いようのないこの無駄な好感触。これはちょっと小品をちょくちょく味見してみる必要があるな。おしゃれっぽくすればいいと思ってんだろ!と変な偏見を持っていたのですが小粒な作品にも手を出してみようと思います。

 そんな決意をしてここ最近見たのはPOTC2と日本沈没という有言不実行なLucky*です(おい)。 
  c:0  t:0   [*映画*]
決してない幸福を文化の中で探す人。
 2006.07.12 Wed
 でも、「文化」の中にしか「幸福」という概念がないのならやはり探してみたくなるのが人間だと思うのですね。「自然」には「幸福」も「不幸」もない。それとも文化の中にある「幸福」という概念は「”幸福”でない」という文脈の中でのみ真実なんでしょうか?

 ということを考え出すと「文化」がどーした、「自然」がどーしたという講義のはずなのに「幸せって何よ?」と某TV番組のタイトルみたいな方向へ思考が飛んでしまいます。むしろ積極的にそちら方面へ飛ばしてみます(何)。

 そんな「幸せについて本気出して考えてみて」とポルノの曲名みたいな締で終わった本日の哲学講義はおいといて、すっかり忘れてましたが木曜日は初のレポート提出です。この時期に提出の中間レポート(…)。8月初めまでに出すのが2本、7月末に1本。こちらはきちんと期末レポート。


 受験を通して学んだことは「切羽詰る前に手を付ける」だったはずなのですが、何このギリギリ感は>自分。
 相も変わらず追い詰められないとやる気のわかない体質ですが、本当に1日前までほうっておかなくてもいいと思います。だってA4一枚なんだもんー。放置しちゃうよね、そりゃ(しません)。


 もんたがマクにお別れどころかF1にお別れだそうで、しかもフランスGPからデ・ラ・ロサですか・・・。いや、デ・ラ・ロサも面白いけどさ・・・・・。それにしてもいきなりっていうか、せめてもう一度引退レースだと認識して見たかったよ(悲)。えーこれでJVまでNASCAR行っちゃったらどうしよう。兄貴に暴言吐く人が消えてゆく・・・(そこかよ)。マクよりはNASCARの方が向いてる気がしますがそれにしてもなぁ。ジェンスとかナノとかキミ、危なげのないドライバーしかいなくなるってのも寂しい。っていうかあのアメリカGPがもんたの引退レースかい(苦笑)。

 しょうがないっちゃしょうがない感も満載だけど、椅子取りゲームから真っ先に脱落するのがランキング6位だとは思わなかった(爆)。
  c:2  t:0   [*無駄話*]
例えば君が笑うなら世界が今音を立てて壊れてもいい。
 2006.07.07 Fri
 図書館で『ぼくはかぐやひめ』と再会してしまいましたよ(苦笑)!Lucky*の天敵、にっくき一人称”僕”の主人公。もうあれほんとダメだった。少なくともセンターで平然と出されて気持ちのいい文章じゃなかったと思うんだけど。

 最近『レオナルドのユダ』という本を読んだのですね。で、解りましたね。私は無駄に「・・・」が使われる文体が非常に苦手だ。むず痒くて最後まで読むのに恐ろしく体力を所望する。「僕は・・・思った・・・・・・そう、きっと・・・・・・あぁ・・・美しい・・・・・・・・」みたいな(あくまでイメージ)。

 読書欲がふつふつとわいてきたので今まで敬遠していた森博嗣を読んでみました。この人の本って決めてがーっと読むというのをやらかしてしまった。っていうか、6月本読みすぎだよ>自分。


 ☆森博嗣
  ・S&Mシリーズ:1~8巻
  ・Vシリーズ;1~7巻
 ☆村上春樹
  ・海辺のカフカ
  ・風の歌を聴け
  ・羊をめぐる冒険
  ・国境の南、太陽の西
  ・レキシントンの幽霊
  ・誕生日のこどもたち
 ☆森絵都
  ・アーモンド入りチョコレートのワルツ
  ・つきのふね
  ・永遠の出口
  ・いつかパラソルの下で
  ・屋久島ジュウソウ
 ☆銀色夏生
  ・毎日はシャボン玉
  ・散歩とおやつ
  ・川のむこう
 ☆妹尾河童
  ・河童が覗いたヨーロッパ
  ・河童のスケッチブック
  ・河童の手の内幕の内
 ☆高田 崇史
  ・QEDシリーズ:1・3巻
 ☆安西水丸
  ・メロンが食べたい
  ・青山の青空
 ☆岸本葉子
  ・アジア発、東へ西へ
  ・幸せな朝寝坊
 ☆群ようこ
  ・着物365日
 ☆星野知子
  ・子連れババ連れ花のパリ
 ☆中丸明
  ・スペインひるね暮らし
 ☆小路 幸也
  ・空を見上げる古い歌を口ずさむ


 旅行関連の本がちょくちょく挟まってるあたり、逃避願望が見え隠れしてますな。笑。
  c:2  t:0   [*無駄話*]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。