スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
透明なんて無理。
 2005.12.21 Wed
 フィギュアスケートの採点が透明でないのは今に始まったことではなく、新方式になってからもすっきりくっきりなったわけではないんだよなぁ・・・。かなり細かく技術的なチェックが入るとは言え、いまだにヨクワカラナイというところがあるのも事実でして、例えば今回GPファイナルで「おいおーい、ほんとにその点か?」と会場にいたらば思わずブーイングしたくなったのは中野選手のSPの演技。




 ジャンプする時に足を巻きつける癖がありますが、目だったミスもなく、日本人にしては表現力もある方でなかなかいい滑りをしてたと思うんですよね。あの点数の出なさは本人じゃなくても首をひねってしまいました。過去の実績とか色々絡んでくるのが大きいこともあって伸び悩んだんだと思うけど、それでも真央ちゃんの点を見て2度首をひねりましたよ。

 なんか点出る人と出ない人の差が激しすぎ、このSP!

 この際イリーナとミキティはいいや、この二人は確かに本調子の演技じゃなかったしね、SPは。でも、中野選手と比べたときに、中野選手が点が出なさすぎというか、真央ちゃんの点が出すぎたというべきか、ともかくノーミスのこの二人の演技にあそこまで大差はなかったと思うわけですよ、実際。なんだかなー。これはフリーでも思ったことで、SPは確かに真央ちゃんに劣ってたけど、フリーのスルツカヤはそれを余裕で覆せるくらい素晴らしい滑りをしたと思うのね(これは私がイリーナ贔屓だからかもしれないが)。

 だから、大差大差!というほどの差はなかったというか、むしろ他の選手の点が抑えられている中、一人無駄に点数が出てるという印象が強かった真央ちゃんの優勝でした。

 やっぱりフィギュアスケートの採点って不透明だよな・・・。今期は今までイリーナの点も無駄に高く出すぎてた気がするし(もちろんそれに値する素晴らしい演技もありましたが、これで?ってこともあったもんだ)。

 ところで、今のイリーナの演技が「ブツ切りだ」とか「ビールマンばっかで飽きた」とか言うのは正直私も時々思いますが(それでも彼女が調子がいい時はなんかオーラで圧倒されてそんなこと考えてる暇ないけどね)あれはある程度しょうがないかと。彼女がつまんないスケーターになってるのは今の採点でがつんがつん点を稼いで金メダルをとるためだけだと思うので(とはいえ、乗ってる時の滑りはとりあえず技をできるだけぶちこんでる感の否めないプログラムを芸術に見せる力量があるので気にならないが)。

 その証拠に、EXではいつも、貫禄もありなおかつ溌溂としたすべりを見せてくれてるのでね。技なんて無駄に盛り込まなくても十分魅せれるスケーターに、彼女は色々な時を越えてなったんだなぁ、と。それでも点を取るための演技に終始してるのは、彼女が何が何でもトリノの金が欲しい何よりの証なんだろうな。実際、あのプルシェンコが、当初、新採点方式にあわせられずに格下に破れたりしたのを見るにつけ、勝ちたいのならば採点に合わせたプログラプを組む必要があるのは事実だろうし。


 そして旧採点システム見直しのきっかけになってしまったソルトレークのペアの金メダルですが、あれ、カナダペアもよかったけどロシアペアが一位だったと思うのね、あんな裏でごちゃごちゃなくても。実力で金に値していただけにものすごく残酷でした。4人で分け合った金メダル、剥奪されるよりはましだったけど、きっととてもとても悔しかっただろう。


 ま、採点競技に透明さを求める方が無理な気もしますが(爆)。
スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

  c:0  t:0   [*フィギュアスケート*]
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://gurlinmirror.blog19.fc2.com/tb.php/51-206b378c
ロン2005年最後の寝言。| HOME | できあがってる、できあがってない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。