スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
イアン・ソープのいない世界水泳。
 2005.07.25 Mon
 見る気がおきないというか、今まで毎度毎度お祭り騒ぎだったからか。この人がいない大会ってものすごい違和感がある(苦笑)ただ、プールってのは見てるといいですよね。きれいですvvなのでプールを見たいがためにTV付けてみたりもしますが(何)

 しかし、下でも書きましたが、どうも天邪鬼な性格なのか知りませんがね、イアン・ソープこいつはすごい!と思ったのが、いえね、負け試合なのですよ(笑)もう何の大会だか忘れましたが(←忘れたんかい)
ピーター君に敗れたどころかたぶんメダルにも届かなかったんじゃないかな?(←名前長すぎてピーターとしか書きたくない・笑)確か4位だったと思います、うん。100mだったかな。あれですよね、スタートダッシュは苦手なんだよな、イアン・ソープは。なんか私が応援する選手、種目に関わらずそんなんばっかだな(汗)だから中~長距離は鬼のように強いんだけど、短距離は苦手なんですよね~。それがなんか8冠ねらうとかで100mも出場することになって結局6冠だったのかな?まぁ、少なくともこれは破れたわけですよ。明らかにね、他の選手の方が速かったんですよね(苦笑)ピーター君はもちろん速く、他のちょっと速い選手にも前を行かれ初めて見たよ!という切り替えの速いストロークをその時したんですよ。
 
 そもそもイアン・ソープの泳ぎに惹かれたのは、この人が一番きれいに泳ぐ人だったからなんですね。シドニーで見て、初めて人が泳ぐのを見てきれいだと思った。そしたらメダルなんかとっちゃってあっという間にスター街道まっしぐらになって驚いたわけですが(笑)ゆったりとした動きしかしていないのに速い。なんてきれいに泳ぐ人なんだろう、と思ったわけですよ。

 なのに、だ。自分のスタイルを変えて泳いでる、早い話がイアン・ソープらしくない泳ぎをしていたイアンを見て、幻滅するどころか感動してしまったんだよな。感動、という言葉は不適切かもしれない。ぎゅっと心臓をわしづかみにされたような、リアルな感情を覚えたのですよ。苦手なのはわかってるんだから、最初から出なきゃよかった。フォーム変えてまで泳ぐ必要もなかった。でも、泳ぐことを選んで、だから努力して、勝負を諦めなかった。勝てるように、自分に出来る最大限の努力をした。

 もうね、200mを始め、何個も金メダルとってて、今更新しい競技に参加して能力を示す必要なんてどこにもないわけですよ。そんな人がどうしてこんなに諦めが悪くなれるんだろう、と思った。出なきゃよかったのに、と周りが思っても本人はそうは思ってないようだ、と気づいて、感服しましたよ。自分がこうしたいから、自分が泳ぎたいから、泳ぐ。自分が勝ちたいから勝てるように努力をする。なんというか、まわりがどうとか、記録がどうとかじゃなくて(←それもあるにはあるんだろうけど)純粋にただ自分が欲しいから、って理由だけでそこまでチャレンジを続けられる。モチベーションを保てるってのがやっぱりすごいです、ほんとに。

 北京以降はもう引退を宣言してますがね。イアン・ソープ伝説の(笑)最終章まで付き合えたことを心から嬉しく思う。とりあえず、次見れるのが既に来年以降だけど、待とう!
スポンサーサイト

テーマ:世界・水泳/世界・陸上 - ジャンル:スポーツ

  c:0  t:0   [*その他スポーツ*]
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://gurlinmirror.blog19.fc2.com/tb.php/8-a356369e
キャリア終盤。| HOME | 複雑なファン心理。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。