スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
キャリア終盤。
 2005.07.25 Mon
 がぁあぁぁぁ(涙)らいこ!ライコネン!キミたん!

 何故に何故に何故に君はそうなのか。トップ独走中にぶっ壊れるとか、前半戦に逆戻りしてどうする!(だから好きでやってるんじゃなかろうに・汗)まぁ、何となく壊れそうな予感はしてましたけどね。週末通じて何のトラブルもないマクラーレンなんてマクラーレンじゃないし(酷)あれですね、フリーや予選でなんかトラブっといた方が、レースでは何事もなくてかえって安心ですね。壊れさえしなきゃ、ペナルティ貰ってもお釣りがくるくらいの速さがあるわけだし。しかしあんだけ圧倒的に速さが出る車を作ってて、乗ってるドライバーもよくて、それでタイトル逃すって、究極にもったいなくないですか、今期のマクラーレン(苦笑)ある意味、フェラーリよりも大失敗なシーズンじゃないのかね(笑)それにしても、キミといい、フィジコといい、いったいF1の神様はきれいな男がそんなにきらいか?といういらん疑問がわくくらいどっちもついてないですなぁ・・・。

 しかしフェラーリはもうタイヤだけのせいに出来ないくらいダメダメで(苦笑)バリなんて予選15位だよ!?たいしたミスもないのに。ザウバーの下だよ・・・(悲)でもあのレースを見て、よくやった、と言う言葉以外思い浮かばないんだからね。困ったことに、ぎりぎりでも守ろうと堪え続けたミハエルに、サン・マリノ以来の衝撃を受けて、すっかりやられてしまったのですよ(苦笑)うきょーさんは”母国じゃなかったらもう諦めてるかもしれない”とおっしゃってましたが、何処であろうと関係ないんじゃないかなぁ。ミハエル・シューマッハがミハエル・シューマッハである限り、あっさりレースを諦めるなんて、地球がひっくり返りでもしない限り有り得ないでしょう。意味のない悪あがきかもしれない、じたばたしてみっともないかもしれない。でも、私は、さすがシューマッハだと感服したし、イモラと同じくらい、すごいやつだと思い知らされた。これこそが、王者の心意気なんだ、7度もチャンピオンになるのはこれほどの男なんだ、と今更わかったというか。ただがむしゃらに、どんな小さなバトルでも勝ちを欲する集中力、決してレースを投げることを己に許さない諦めの悪さ。なんてかっこいいんだろう、と思った。他の誰でもない、まず自分自身のためだけに、恐ろしいほどのモチベーションで食らい付く姿勢が、他人が見て、ださいと思うようながっつき加減を一瞬の躊躇もなく発揮できるところが、私の目には、逆に、無茶苦茶かっこいいと、そう映ってしまったのですよ(笑)勝ちまくってたときには”またこの人が勝ってるなぁ~”くらいしか思わなかったのに。(真剣に見てなかったせいでもあるが)

 結局、そういう人が好きなんだよな(苦笑)追い詰められて、自分一人の力だけじゃどうしようもなくて、諦めるだけの理由が十分すぎるほどにあるのに諦められない人。アルもそうだし、イアンもそうだし、それからヤグディンとか。追い詰められた王者の力ってのを見るとほんとに心底ほれぼれしてしまうというか、ぞくぞくする(笑)だからなんというかまぁ、落ちぶれる前にやめとけばよかったのに、とは上に書いた誰に対しても思わないし、ミハエルに対してもまったく思わないや。応援してる人がみんなキャリア終盤に入ってて、応援し始めた頃は、もう正直そうなったらどうしたらいいのかわからなかったんですが(苦笑)実際その時が来てしまえばただ今まで通り、もしくはそれ以上応援するだけですな。結局のところ、ファンに出来ることなんてそれしかない。

 そういえば、モントーヤの奥さん、美人ですね(←何故突然)赤ちゃんもかわいくて、なんていうか・・・うまいことやったな、と(←失礼)
スポンサーサイト
  c:0  t:0   [*F1*]
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://gurlinmirror.blog19.fc2.com/tb.php/9-91b03531
とむ。| HOME | イアン・ソープのいない世界水泳。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。